キセキの瞬間を写真に残す~妊娠中の写真撮影

  • トップページ

《妊婦さん必見!》妊娠中のお腹をマタニティフォトに残そう!

「マタニティフォト」とは、妊娠中の女性の姿を撮影した写真であり、
海外では”Maternity photograph(マタニティフォトグラフィー”と呼ばれ広く浸透しています。
世界的に有名な女優やアーティスト、セレブが妊娠中に撮影した写真をSNS等で紹介したことから、
日本国内でも徐々に知られるようになりました。
妊娠という奇跡的な瞬間を記録に残したいという人も多く、
1日ごとにお腹の成長を写真に収めている人もいます。
 
神秘的で貴重な瞬間をマタニティフォトとして記録に残しておくことは、
大きくなった子どもへのプレゼントにしたいと考える方も多いようです。
写真をみるとお母さんのお腹にいた頃から深く愛されていたことを実感できますし、
大切な存在であることを子どもに改めて伝えることができるでしょう。
 
お腹の成長を記録するマタニティフォトの「撮影時期」                   
マタニティフォトを撮影する時期は、お腹膨らみが綺麗にみえる「8カ月~臨月」がベストといわれています。
妊婦さんにより個人差があるためお腹の成長をみながら、撮影時期を決定するのもいいでしょう。
妊娠中は体調管理が難しいため、妊婦さんの体調が優れないときには
撮影を変更又はキャンセルが可能なフォトスタジオを選んでおくと安心です。
 
写真撮影をする時期といっしょに計画したいのが撮影を行う回数です。
お腹の膨らみが一番綺麗な時期をみて一度だけ撮影することもあれば、
一日ごと、一週間ごと、一か月ごとと定期的にお腹の成長記録を残すこともできます。
撮影は自宅で撮影することもできますし、プロのカメラマンに撮影をしてもらうには
写真館やフォトスタジオに依頼をします。
                                        
《写真館やフォトスタジオ》でマタニティフォト撮影                         
マタニティフォトを撮影するときは、お客さまの希望やアイディアを参考に撮影を進めていきます。
カメラマンは、大きくなったお腹を綺麗にみせるポージングや、シルエットが際立つ衣装選びなど、
それぞれの妊婦さんに合った最適な提案をしています
 
写真撮影にかかる時間は選択したパターンの数で決まりますが、1時間ほどで完了することが多いようです。
撮影時間があまりにも長いと疲れてしまうので、体調を見ながら撮影を行います。
写真館やフォトスタジオでは衣装のレンタルサービスはあっても、
ヘアメイク等についてはお客さまにお任せというスタジオも多いようです。
 
マタニティフォトのオシャレな衣裳選び                                  
お腹をきれいに撮影するための「衣装選び」はとても重要です。
自然な姿を残したい方も多いため、私服で撮影をすることもあります。
撮影スタジオでは衣装のレンタルも行っているため、
コンセプトやテーマにより様々な衣装を選ぶことができます。
 
私服やレンタル衣装を選ぶときには、お腹のラインを美しくみせる服を選ぶようにします。
ゆったりした服はシルエットが見えにくいため向いていません。
特別なドレスでなくても構いません。
人気が高い衣装はシンプルな色のTシャツや、お腹の形がよく見えるチューブトップが多く選ばれています。
 
家族みんなで仲良くマタニティフォト                      
マタニティフォトを撮影するのは妊婦さんだけではありません。
お父さんをはじめ、お兄ちゃんやお姉ちゃんも一緒に家族写真を撮ることができます。
お母さんを家族みんなで囲んでいる姿は、見ているだけで幸せが溢れ出てきそうな素晴らしい写真になります。
 
小さな子どもが妹や弟ができることを喜び、お腹に触れてキスをしているような写真は、
とてもかわいく自然な姿を撮影することができるでしょう。
そのほか、家族全員がお揃いのカジュアルスタイルにすることで、自然体でまとまりのある写真になります。
 

妊婦 写真 札幌

生後6ヵ月 写真 札幌

ハーフバースデー 撮影 札幌